【プレスリリース】「ピンチをチャンスに」北欧アートポスターのブランドProject Nordが逆境の中で学んだ教訓

Tue, May 11, 2021

北欧デザインアートポスターブランドProject NordのCEOとCOOが談笑する様子



「予期せぬ現実との衝突を生き抜く計画なんてありません。前もっていくら準備を整えても、現実の世界と会うときに、どうにか適応せざるを得ません。」

Project NordのCEO、トーベン・アンデルセンがコロナ禍が当社の日本進出計画に与えた影響及びその苦境から学んだ教訓を振り返って、このように語ります。

デンマーク生まれの北欧アートポスターのブランド、Project Nord。
北欧のデザイン文化と北欧企業ならではの環境意識を世界に広めることを目指し、2018年に設立されました。
トーベンは、美術系ビジネスに興味を抱いていたCOO、グレタ・ドバイと一緒に新しいプロジェクトを立ち上げることを決意。

2019年、初の海外進出として日本を決定。
北欧からあえて遠く離れた日本に進出を決めた理由は、CEOトーベンの両親が日本に長期間在住した経験があることや、北欧と日本に多くの文化的な共通点があることが決め手になったそうです。

もともと北欧の豊富なデザイン文化を生み出した背景には、モノを大切にする心や、素朴な暮らし方を好む文化があるそうです。
同様に、日本にも「わびさび」や「禅」に代表されるシンプルで自然と共生した生活が伝統的に尊重されているように、意外と簡単に文化的な共通点が見つけられます。

 


北欧デザインアートポスターブランドProject NordのCEO

Project NordのCEO(最高経営責任者)Torben Andersen(トーベン・アンデルセン)

 
2019年の秋に日本市場への参入を着々と準備。
まずインスタグラムやSNSを中心にマーケティングに着手しました。
SNSで活躍する日本のインフルエンサーの方々からもとても良い反応があり、手応えを感じ、そこから一気に日本語サイトの公開まで進みました。
特に若い女性からの支持を得てProject Nordのポスターはお部屋のアクセントになることが評価されました。



北欧デザインアートポスターブランドProject Nordの人気ポスター

春に桜が咲き誇り、そして散っていくまでのストーリーを1枚のポスターに描いたポスター「LIFE OF A SAKURA 

 

春に桜が咲き誇り、そして散っていくまでのストーリを1枚のポスターに描いたポスター「LIFE OF A SAKURA」

日本への進出に邁進すると決心すると時を同じくして、新型コロナウイルスが世界で猛威を振るいはじめました。
国を跨ぐ移動ができなくなり、世界の物流にも大きな打撃が与えられました。
2020年3月中旬はデンマークでも感染者数が増加しはじめ、ロックダウン(都市封鎖)が発令されました。

COOのグレタ・ドバイが当時抱いていた感情を振り返ります。
「実は当初はそれほどおおきな影響がなかったんです。オフィスが閉鎖されたので従業員全員が出社しなくなり、在宅勤務を導入したくらいでした。3月末までは経営自体に特にインパクトがなかったと感じていました。」

 

北欧デザインアートポスターブランドProject NordのCOO

 Project NordのCOO(最高執行責任者)Greta Dobai(グレタ・ドバイ)

 

しかし、3月末に事態は大きく変わります。

当時、ポスターの印刷を委託していたドイツの印刷所から突然の電話。
日本行きの航空機が次々と欠航になり、ポスターの発送ができなくなったと言われたのです。

しかし同時に日本からの注文は殺到。

「一時的な解決策として日本での印刷所を探すことに全身全霊を傾けましたが、大きいな壁にぶつかってしまったんです。オンデマンド印刷に対応できる企業でかつ、環境に優しいインクや展開されている5種類のサイズに対応できる印刷会社を見つけるのは非常に困難でした。一方で、日本からの注文は入り続けていました。」と話すグレタ。

苦境の時こそ、知恵を絞り、身体を動かす。先が見えない状態の中で、創造性を活かし、あらゆる手を打つ。

「色々検討した末、最後の手段として、日本にいるリセラー(小売店)に発送をお願いすることにしました。どうにかお客様にポスターを発送することを最優先しました。」

幸いなことに、日本のリセラーさんはこちらの突然のお願いに応えてくれて、円滑に配送を再開することができました。

 


 

北欧デザインアートポスターブランドProject Nordが拠点とするデンマークの首都、コペンハーゲンの風景

Project Nordが拠点とするデンマークの首都、コペンハーゲンの風景

 

 

また、郵便が回復しドイツから発送が再開された後も航空機減便の影響で日本への発送にはそれまで以上の時間を要しました。
お客様に大きな迷惑をかけたが、一程度の理解が得られたと説明するCEO。
「商品の追跡コードを配送会社のシステムから確認ができなかったり、追跡情報が表示されても何日も更新されなかったりといった問題が発生しており、ただでさえお客様にとっては海外からの商品が無事届くのか不安もあるであろう中、2、3週間も待たされたお客様には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。」

その後、さらに改革を進め、現地の企業と提携をすることによって、Project Nordはオンデマンド印刷だけでなく、現地印刷も徹底することができるようになりました。
「4月末に、やっと日本の印刷所と協働するようになって、現地印刷に転換しました。それで、弊社をグローバルな企業にするとともに、さらに発送による二酸化炭素排出を軽減することができました。まさに一石二鳥!」と明かすトーベン。

コロナ禍で経験した苦境から学んだもう1つの教訓。

コロナ以前は人材を募集するにあたって、コペンハーゲンに在住していることを必須条件としていました。
しかし、ロックダウンを契機に、社員全員が在宅勤務になったことで、コペンハーゲンにいる必要が本当にあるのかと、COOグレタは自問自答。
「私たちのビジネスに共感してもらい、北欧デザインや文化交流に興味があることを応募条件としていますが、住んでいる場所にはこだわらなくなりました。現在Project Nordの日本チームはデンマークをはじめ、日本、スウェーデン、ドイツなどさまざまな国々から従業員が集まり活躍しています。それは完全に在宅勤務に振り切ったからこその利点に違いないと思っています。」

現在は完全にリモートで事業を進めているProject Nordの成長に大いに貢献したのは実はコロナ禍そのものとも言えます。
「2020年5月には日本でも緊急事態宣言が発令され、家で過ごす時間が増え、巣ごもり重要が増加しました。家を飾ることに人々が注目しはじめ、それによって、弊社の売り上げが飛躍的に伸びました。」

 


 

北欧デザインアートポスターブランドProject Nordの人気ポスター

日本で最も人気なアイテムの一つ、「LIFE BALANCE 

 

「これまでProject NordのCEOに就任してから、一喜一憂の毎日でした。日本への配送が止まった時期は非常にゴタゴタしていたのですが、振り返ってみると、コロナ禍を通じて企業の精神を鍛えることができたし、個人としても多く学んだ気がします。前もってどれほど綿密なプランを立てても、逆境と直面すれば、戦略を見直さざるを得ないからこそ、前より確実に成長に繋がる道を切り開くことができる。これは間違いないと思います。」と確信を持って信念を明かすトーベン。

コロナ禍から学んだ貴重な経験を活かし、日本での展開を進めるProject Nord。

環境保全を追求しながら、より野心的に成長を目指します。