5,000円以上購入で送料無料

新作ポスター追加!アンデルセンコレクション

発送3-6日以内

MIHOANG.ARTについてー 独占インタビュー

本日は、新進気鋭の若手アーティスト、Dieu-Mi Hoangをご紹介できて誠に光栄です。Miさんはベトナム出身のご両親のもと、ドイツで生まれ育ち、今現在はデンマークに住んでいます。特に今年はMiさんとProject Nordのコラボレーションが実現し、今後ますます活躍に期待が高まります。彼女の作品は近日中にProject Nordオンラインショップに追加する予定です。今回はMiさんご自身について色々お伺いしました。

Miさんとアートの関係


Greta:インタビューへお越しいただきありがとうざいます!
それではさっそく、簡単にMiさんについてのご質問です。どちら出身でしょうか。


Mi:はい、私はドイツのDresden出身ですが、両親はベトナム人です。


G:アートはあなたの人生においてどのようなものでしょうか?

M:実際は、私とアートの関係はごく自然で普通なものから始まりました。「好きだから、ただ、いつも絵を描いてた」というだけです。ポニーやプリンセス、ディズニーのキャラクターを描くことから始まり、セーラームーン(今でも大ファン)からインスピレーションも受けました。何時間も何日もずっと描くことはありませんが、ただ継続して描いています。そして「時間があるときはいつでも絵を描いている」ということにあるとき気が付きました。
私が大学で学士号を始めたとき、絵を描くことにますますのめり込みました。そのことがセーラームーン描きからリアルな描画への大きな一歩でした。


G:勉学についてですが、実際にアートを専攻しましたか?

M:いいえ。私はベルリンとオーフスで経営学とマーケティングを専攻しました。卒業後は少し時間に余裕ができたので、アートと絵画にさらに熱中しました。時間があれば絵を描くことに時間を費やしました。特にCOVID-19が広がってからは、他にできることがあまりなかったので、自分自身に向き合い、作品に集中することができました。作品作りに没頭できたことは楽しく満足のいく時間でした。 

WILD TULIPS
¥2,200

MIRROR LILIES
¥2,200

PEONY SIMPHONY
¥2,200

G:コロナウィルスのロックダウンはMiさんにとってそんなに悪いものではなかったのですね。その間創作のプロセスに何か進展はありましたか?

M:はい、もちろんありました。私は5月からフルで活動していますが、たくさん習得したものがありました。日々、様々なことがより改善されています。
例えば、このコラボレーションはとてもエキサイティングであると同時に、私自身の新たなチャレンジです。プロジェクトの全てがとても楽しみです。


G:では次の質問です。Miさんの絵画やスタイルに関して好みは何でしょうか?

M:私は実はポートレートが好きで、1番よく描きます。ですが、ここ最近2年ほどは、静物画にフォーカスを当てています。特に果物、野菜、花などのボタニカルへの興味が大きいですね。私はクラシックアートが好きなので、「オールドマスター」は自然と私に大きな影響を与えてくれました。家のデコレーションになるような作品を作りたいと思っています。


G:それならMiさんとProject Nordのコラボレーションはまさにぴったりですね。

M:そうなんです。それに、作品を作るときの楽しさに加え、友人たちから作品へのポジティブなフィードバックをよくもらっていたので、アートをやっていこうと決めました。


G:ポートレートの話に戻りますが、どんな方を描いていますか。またその理由はなぜですか?

M:個人的に面白くて美しく、なにか特別なものを持っていると思った人を描くことが多いです。今までに友人の肖像画を描いたことは1度しかなく、ほとんどは想像上の顔を描いていました。
私のポートレートシリーズは、シンプルで無表情なものからスタートしました。しかし、あるとき劇的に変わったのです。今ではほとんどの場合、感情が現れていたり、顔や人全体に特徴のあるものに興味がわきます。ボディーランゲージはとても重要な役割を果たします。
何にフォーカスするかは実に様々ですが、例えば、多様な文化から得られる異なった特徴などに注目します。


G:とても素晴らしいですね。ところでMiさんのポートレートが女性だけなのは何か理由があるのでしょうか?Instagramでアップされてるのは女性だけですよね。

M:正直なところ、私自身は女性の体や顔を描くことに興味があり、そこに美しさを見出しています。もちろん男性のポートレートもあります。ただし、投稿はしません。女性の特徴が男性よりも美しいと思うからです。


G:現在のアートはフローラル系が多いですよね?どこからインスピレーションを得ていますか?

M:はい、確かにフローラルが多いですね。今回のコラボレーションのアイデアやモチベーションは、間違いなくフローラルだらけです。私は花が大好きで、花を描くことも好きになりました。花はただただ美しく、非常に多様性があり、私にインスピレーションを与えてくれます。

G:あなたにとってアートとは何ですか?それをどのように定義しますか?

M:とても単純ですが、アートは美しくて心地よいもの、と定義します。ただ私の作品やデザインには別の階層も必要で、美しいだけではだめだと思います。アートには美しさとその背後にある物語が必要です。私はいまその物語の部分に取り組んでいるところです。


G:ありがとうございます。話は変わりますが、コラボレーションについて詳しくお話を聞かせてください。今回のコラボレーションに踏み切った理由は?

M:私はアーティストとしてののキャリアを始めたばかりでスケールが小さいので、Project Nordとコラボレーションすることで、より私のアートを身近に感じてもらえるのではと思いました。例えば個人の注文よりも、多くのオーディエンスに手ごろな価格で提供できる、という感じです。アートは身近にあって手頃な価格であるべきで、私は自分のアートはそうありたいと思っています。


G:このコラボレーションはどのようにして実現しましたか?

M:すべてはトーベンさん(Project NordのCEO)からお話を聞いたのがきっかけです。北欧のミニマリズムとデザイン全般について話したのが最初です。 Project Nordのことについてはほぼ無知だったのですが、すぐにコンセプトを気に入り、一緒に仕事をしたいと思いました。私は自分がジョインすることをすぐにイメージできました。これは私にとって素晴らしいチャンスであると確信しています。とても楽しみです。 

Miさんとクリエイティブディレクターのグレタと一緒に

デザインとスタイル


G:Miさんにとって北欧のミニマリズムとはどういう意味がありますか?それは今回のコレクションでどのように表現されるでしょうか?

M:シンプルな北欧のデザイン、と言った感じです。私の作品は基本的にシンプルですが、いつもそうではありません。私のデザインは、少しだけ「シンプル以上」のものであると考えています。
ミニマルなデザインとは、必要な要素のみ取入れ、それ以外はすべて取り除くことを意味します。私は見たままの、シンプルなわかりやすいものが好きです。私の赤色の作品においては、ミニマリズムか、それよりちょっとプラスのものを表現しています。


G:デンマークに越してきて、スタイルやアートは変わりましたか?

M:はい。オーフスで修士号の勉強を始め、大学を移籍したのでコペンハーゲンへ引っ越してきましたが、私のスタイルは間違いなくその時変わったと思います。もともと、かなりテクニック系の性格であり、細部にこだわったり完全にやり遂げることが好きです。私はここコペンハーゲンでテクニカルなことに焦点をおく、ということを見い出しました。オーフスでは、なんでも試すことにこだわっていましたが、コペンハーゲンに来てからは、細部に焦点を置くことがより重要になりました。
それに伴って、私のスタイルが変わりました。それが意識的または無意識に起こったのかはさておき、自然に順応できました。むしろ順応しないのは難しいですね。
一般的に思うのが、コペンハーゲンの人々はスタイリッシュです。デンマーク人は特にデザインに関しては、美的意識に敏感で見た目に注目します。デザインは常に発展し、変化していますが、私たちも改善し続けるためのモチベーションは必要です。モチベーションを持つことは創作の一部です。同じことが挑戦にも当てはまります。自分自身と自分のアート、アイデンティティを見つける前に、様々なことにトライする必要があります。アイデンティティとアートは、どちらも成長するためのプロセスです。

アートとキャリアについて


G:アートワークをフルタイムの仕事にする可能性はありますか?

M:それはないですね。アートを趣味にとどめて、描くことの楽しさとモチベーションを保ちたいと思っています。ですが、クリエイティブであるということは私の人生に必要なものです。アートを描いたりアートワークに取り組むときは、しばしば1人での作業が多く、その時間は私にとって欠かせない時間です。一人でいるのが好きで、自分自身に向き合えるのは素晴らしいことです。しかし、同時に、周りの人との接点や多様性を感じることも必要です。脳を描く以外のことにも働かせたいと思っています。


G:よく分かります。さまざまな分野で自分の可能性を引き出すことは大切ですね。

M:趣味をキャリアにするのは私には難しいです。


G:Miさんの将来に向けてのアートと人生のバランスはどのようなものですか?

M:描くことは、今現在、焦点を当てて取り組んでいることです。私の友人がサステイナブルな化粧品ブランドを開発し、製品のイラストを頼まれました。また、別の友人からはDresdenにある新しいレストランの壁にデザインすることを依頼されました。ちなみにそのコンセプトは、Project Nord のコレクションアイデアとかなり似ていました。
プライベートな依頼は常にいただいています。そのおかげで私はアクティブに動いています。 

Miさんと完成作品

スケッチ段階の作品

アート作品のプロセス


G:Miさんがアートに赤とピンクの色を使用するのはなぜですか?

M:まず、私の好きな色はピンクだからです。そして2つ目には、私がスタンダードな鉛筆からシャーペンに使うのを変更したとき、違う色を使ってみたことがきっかけです。赤が面白そうだと思って試してみたら、本当に嬉しい驚きがありました。今でも赤色をとても気に入っています。
また、ここではマーケティングの学習が活かされてきます。「赤色はブランディングに最適だ」ということです。その後、私のパーソナルブランドカラーに発展しました。赤とピンクが皆さん全員の好みになるかというとそうではないかもしれませんが、私のマーケティング学習からは今のような結果となりました。


G:現在、鉛筆のみを使用しているようですが…?

M:そうですね、Project Nordとのコレクションは全て鉛筆です。ですが、インクと水彩、そしてアクリル絵の具を使用することもあります。時々違うものを使ってテクニックを変えてみるのは楽しいですよ。それと、私の最近のハマりものは刺繍です。今年から刺繍をやり始めましたが、私の絵画にもいい影響があることが分かりました。さまざまなスタイルとの組み合わせによく合うんです。


G:最後の質問です。アーティストとしてのあなたの1日はどのようなものですか?

M:そうですね、目覚めてすぐ最初にすることはベトナムコーヒーを作ります。(夏の時期は時々アイスコーヒー)顔を洗い、少し目を覚まし、コーヒーを飲み、それから私の1日をどう過ごすかプラン立てします。私は「To Do List」を作ります。アクティビティを優先し、自分自身について少し考える時間も作っています。このようなスケジュールで私の1日は始まります。


G:作品の作成プロセスはどうですか?

M:簡単なスケッチとリサーチから始めます。Pinterestからインスピレーションを得るのが好きです。次に、情報を何らかの方法でまとめます。まとめをすると、かなり速く作業が進みます。ですが、絵を描く時間は私のモチベーション次第です。気づかないうちに10時間も描き続けることもありますが、数分おきに休憩が必要な日もあります。私は絵を描くことには瞑想的な要素があると思っています。


G:絵画のプロセス、アート、そしてMiさんについてお話を聞かせていただきありがとうございます。次回はどのようなものを見せてお聞かせいただけるか楽しみです。そして今日は本当にお時間ありがとうございます!お会いできて本当に光栄です! 


Miさんの人柄と彼女のアートについて、いかがでしたか。素敵な人柄を感じていただければ幸いです。そしてProject Nordオンラインショップで彼女のデザインをぜひご覧ください。きっと気に入る作品があるはずです。

PEONY SIMPHONY
¥2,200

FLOWER HAIKU
¥1,900

MIRROR LILIES
¥2,200

FLOWER LADY
¥1,900

WILD TULIPS
¥2,200

DEAR TO DREAM
¥1,900