部屋をサステナブルに飾るための5つの北欧ブランド

Thu, Jul 22, 2021

 

今やサステナブルであることがブランドの大前提になってきている時代。
北欧ブランドはそんな流行も一足早く
キャッチして、おしゃれでサステナブルなブランドが勢ぞろい。サステナブルにお部屋を飾りたい方必見です!








iittala(イッタラ)



 

北欧 北欧ブランド イッタラ


北欧のテーブルウェアブランドといえばイッタラと言ってもよいほど人気のあるブランド。イッタラはサステナビリティを軸とした、時代を越えても美しく高品質で機能性の高い商品を作っています。
イッタラのガラス製品はすべてリサイクルガラスを利用しています。リサイクルガラスを使うことによって、普通のガラス製品同様の強度を保てると同時に、制作の過程ではエネルギーと天然資源の両方を節約することもできるそうです。
また、制作の際はもちろん包装までサステナビリティにこだわっており、リサイクルガラスコレクションはナチュラルな素材のカートンボックスで梱包されています。
夏の暑い日にこれをテーブルに置いておくだけでも涼やかな気持ちになるデザイン。おうちに一つは置いておきたいアイテムです。
詳しくはこちら






HAY(ヘイ)



「よいデザインはあらゆる人の権利である」という理念をもとに2002年に作られたデンマークのインテリアブランド。家具だけでなく、アクセサリーやステーショナリーまで豊富なアイテムがそろえられています。雨の多い今この頃手放せないアイテムの一つの傘も。こちらのブログで紹介してあるのでぜひチェックしてみてください。
このブランドが商品で扱っている素材は、厳選された商品しか得られない持続可能な森林活用・保全を目的として誕生したFSC認証を受けています。 シンプルかつ機能性が高くサステナブルな、北欧らしいブランドです。 詳しくはこちら


北欧   北欧家具 北欧ブランド HAY





KLIPPAN(クリッパン)


 

KLIPPAN(クリッパン)


スウェーデンの小さな町、クリッパンで1879年に創業され長年愛されている老舗ブランドです。ブランケットや枕カバーなどすべての製品が上質な天然素材で作られており、制作の過程では環境に配慮した持続可能な取り組みもなされています。
今まで動物の毛についた昆虫の駆除に悩まされてきたため、農薬なしでは開発が難しかったウールに目を向け、農薬散布の回数を1回までに減らしたエコロジーウールを農家グループと共同して開発に成功したそうです。
羊のエサや、ウールを洗う際には化学薬品を一切使わず、動物たちにも最適な飼育環境を与えています。 子供向けのブランケットなども揃えてあり、安心して使えるのもいいですね。 詳しくはこちら。(英文)






louis poulsen(ルイスポールセン)



デンマーク生まれの老舗の照明ブランド、ルイスポールセン。北欧らしいPHシリーズやスタイリッシュなアーティチョークが人気ですね。
ここ、ルイスポールセンでもサステナブルにこだわった取り組みがなされています。サステナビリティ戦略として、3つのテーマを決めています。
・長年使える製品を作り、制作にリサイクル可能なものを利用する「クロージング・ザ・ループ」というシステム
・エネルギー効率を高め再生可能エネルギーを使用し、最終的に「ゼロエミッション」を目指す
・従業員に対しての最適な環境作りに取り組む「責任ある雇用主」
自然環境の保護だけでなく、人権もSDGsに組み込まれています。老舗でありながらも、世界の新しい動きに敏感なのは北欧のブランドならではですね。詳しくはこちら
北欧 北欧家具 北欧ブランド ルイスポールセン





Project Nord(プロジェクトノード)



 

北欧 北欧ブランド プロジェクトノード


北欧のデザインをモチーフとしたポスターを扱うProject Nord。もっと気軽にお部屋のインテリアを彩り、生活を豊かにして欲しいとの想いから設立されました。
そんなProject Nordは3つの柱を中心にサステナブルなブランドづくりを続けています。
・配送の環境コスト削減のための在庫を持たず高品質な日本でのローカル印刷
・FSC認証を受けた200gsmのシルクペーパーの使用。FSC認証がついた商品の履歴をさかのぼると適切な管理が行われている森林にたどりつきます。
・1枚のポスターを販売するたびに1本の植樹をするTree Nationの取り組み
7月から「サステナブル・ジュライ」というキャンペーンを行っており、よりProject Nordのサステナブルな取り組みについて知ってもらえる良い機会となっております。
ぜひ、サイトを覗いてみてください。